株式会社高嶋は愛知県名古屋市守山区に拠点を置き、愛知県、岐阜県、三重県を中心に東海エリアの内装工事を行っております。 内装工事が最終の仕上げ度を大きく変えると考えております。最終見えなくなる部分だからこそ、手を抜かず丁寧に丁寧に仕上げていきます。

takashima

高嶋社長のインタビュー

代表取締役

高嶋 慎一

Shinichi Takashima

社長インタビュー

株式会社高嶋は
どのように始まった会社ですか?

親父が高校卒業してから30年以上勤めた会社は、もともと木材の仕入れ販売をしていたのですが、当時新しい工法として軽天が出てきて、会社でもその走りで軽天を始めたようです。
そこで長らく軽天一筋に仕事をしてきて親父が50代の時に独立。
2年ほどでどんどん忙しくなってきて、遊んでいた僕に声がかかりました。当初はまだ若かったので職人さんに色々教えてもらいながら仕事を覚えていきました。

その職人さんはどんな方?

親父が勤めていた会社でずっとお付き合い頂いていた方々で、親父についてきてくれ、共に独立したという形です。
僕が小さな頃から一緒に旅行へ行ったり、お世話になっている親戚のおじさんに近い感覚です。

代変わりで社長になった時のことを お聞かせ下さい。

今までは、まぁ親子なんで親父に対して好き勝手言ってました。
えらそうに。それが父が病気で他界し、自分で全てを背負ってみて初めて親父の言ってたことが分かってきました。
最初は『親父だったらどうするだろう』と常に意識して、目の前の事を必死にこなすだけ。親父がいたからこそのお客さんばかりなので、自分が迷惑かけないように、実際は迷惑かけながら成長させてもらいました。やっと慣れてきて、売上も上がってきて次の事を考える時、親父の積み上げてきたものを継承しながらプラスアルファで自分の考えも入れてやっていこうと思っています。

社員のみなさんとのコミュニケーションはどうですか?

仕事しとるんか?と思われていると思う(笑)もちろんやっていますが、みんなに支えてもらいながら感謝の毎日です。ベテランの職人ばかりなので、いつまでたっても自分が一番下。

立場は違うので社長としての決断や仕事はしていますが、ワンマンではなく意見交換のできる職場になっていると思います。
うちは『みんなが親方』という想いでお互いを尊重しています。その上で経験という知識も必要だし、新しい考え方も取り入れたいし、それをいかに柔軟にやっていくか難しいですが、とにかく職人がいなければ成り立たない仕事なので感謝しています。

ご家族は?

嫁一人、子供二人の四人家族です。忙しくしてますがゆっくり家族旅行でも行きたいです。

職を探す若い人達へ、この仕事を選ぶべき理由は?

実際に体を動かして自分の手で力で作り上げていく仕事というのは、デスクワークなどでは得られない充実感がある。手に職という意味でも独立だって可能なほど、どこへ行ってもやっていけるという地に足がついた自信を身に付けられます。とはいえ、汚い、疲れる、休みも取れない…そういう職場に来て下さいと言っても難しい。
そんなイメージを変えたいという想いがあります。この業界にはめずらしく、社保完備、休みもちゃんと取れてプライベートな時間も大事にできる。そんな働きやすい環境を整えて待っています。

MEMBERメンバー

イクサンくん
勝一さん
ファジャルくん
直さん

株式会社高嶋

〒463-0086
愛知県名古屋市守山区永森町132

お気軽にお問い合わせください

contact