株式会社高嶋は愛知県名古屋市守山区に拠点を置き、愛知県、岐阜県、三重県を中心に東海エリアの内装工事を行っております。 内装工事が最終の仕上げ度を大きく変えると考えております。最終見えなくなる部分だからこそ、手を抜かず丁寧に丁寧に仕上げていきます。

column

コラム

2020.11.04

広報の学び7

原状回復工事と原状復帰工事の違い?

 

原状回復も原状復帰も、基本的には同じことを指しているそうです。

しかし、使う場面によって表現方法が変えられているとの事。

「原状回復」は不動産屋さんなど、公的な場面で使われるもので、

「原状復帰」は建設業やそれに関わる人達が使っているものなんですって。

『「原状回復」する為に「原状復帰」の工事を行う。』

などの表現に使われるそうです。

 

また、なぜ両者とも「現状」という漢字ではないのかと言いますと

「現状」と「原状」では意味が全く異なるからで、

「現状」とは「今現在の状態」を表した言葉であり、

「原状」とは「初めにあった状態」を表した言葉です。

「現状回復」となれば、今の状態でも退去できるような意味合いとなってしまい

意味が通らなくなってしまいます。

ですので、「現状回復」という言葉は誤りになるのだそうです。

 

漢字一つで全く意味の違う事になるので

気をつけたほうが良いですね。

お間違いなく!!

 

 

#内装

#名古屋

#軽天屋

#店舗

#ボード貼り

#壁

#デザイン

#協力会社募集

#follow

#いいね返し

#原状回復

#原状復帰

前の記事 :
次の記事 :

back

株式会社高嶋

〒463-0086
愛知県名古屋市守山区永森町132

お気軽にお問い合わせください

contact